脳疾患の症状について

脳疾患の症状について

こんな症状はありませんか?

「脳」の病気と聞くと、ある日突然起こる大病のように思われがちですが、日常的によく起こる頭痛やめまい、手足の痺れ、肩こり、高血圧、物忘れなどの症状の中に重大な脳の疾患が隠れています。たとえば…

  • まひ・しびれ・ろれつが回らない方

    突然、「半身の手足の動きが悪くなった」、「なんだか体がしびれる」、「ろれつが回らない」という場合は、脳の血管がつまった(脳梗塞・脳血栓)、もしくは脳内で出血が起こった(脳出血)のいずれかが疑われます。 これらの脳血管障害は早期に治療を開始することが大切です。

    イラスト1
  • めまい・嘔吐・ふらつきが気になる方

    慢性的に「めまい」や「吐き気」、「ふらつく」ことはありませんか?単なる「めまい」だと思っていると病気が進んで命にかかわることもあります。小脳や脳幹部に起こった脳梗塞は、時間をかけて徐々に症状が悪化することが多くあります。早期の発見、治療が大切です。

    イラスト2
  • 頭痛が気になる方

    頭痛には大きく分けて2つの種類があります。 1つは筋緊張型の頭痛や血管の拡張により引き起こされる片頭痛などのタイプ。もう1つは『くも膜下出血』や『脳腫瘍』など、放っておくと生命に危険をおよぽすこともある器質的な疾患のタイプです。まずはどちらのタイプの頭痛なのか早期に判断し、治療することが大切です。

    イラスト3
  • 物忘れが気になる方

    なかなか治らない病気と思われがちな「物忘れ」や「認知症」ですが、これらを引き起こす原因は様々あり、脳腫瘍や慢性硬膜下血腫、正常圧水頭症など早期の治療で治る認知症もあります。この場合も早期の診断が大切です。

    イラスト4
  • 眼瞼・顔面のけいれんが気になる方

    眼瞼けいれん、片側顔面けいれんは、眼の周りの筋肉が自分の意志とは関係なくけいれんする病気です。最近は注射(ボトックス)により一時的に症状を改善させる治療もあります。顔面のけいれんでお悩みの方は一度ご相談ください。

    イラスト5
  • 手足の筋肉のつっぱりが気になる方

    脳卒中などの後遺症としてよくみられる症状ですが、「手指が握ったまま開きにくい」「肘が曲がったまま伸ばしにくい」「肩が上がらない」「肩の痛み」などの症状があります。これらは「痙縮」という病気で、手足の筋肉が固くなっていることが原因で、注射により筋肉を柔らかくし動かしやすくすることが可能です。

    イラスト6

まずは「脳の健康診断」から始めましょう。

このように、「脳」の病気を防ぐには、早期の「健康診断」と「治療の開始」がとても重要になります。上記のいずれかに当てはまる方、まずはお気軽に当院の「脳ドック(脳の健康診断)」をお試しください。また、診断結果を基に「ライフスタイルアドバイス」も実施させていただきます。